タバコのヤニから歯を守るためのお役立ち情報

ふと自分の歯を鏡で見た時、「うわ!だいぶ黄ばんでる・・・」

 

そういった経験、喫煙者であれば誰でもありますよね。

 

もちろんこれはタバコによる喫煙が原因です。

 

では、なぜ煙草(タバコ)が歯の黄ばみを生んでしまうのでしょうか。

 

一つ一つ原因を解説していきます。


歯が黄ばむ原因はこれだ!

タバコの喫煙により、歯だけでなく、部屋の壁やソファー、服などの衣類までも黄ばんでしまいます。

 

その原因はズバリ!タールです!!

 

タバコ(煙草)を吸う人であれば言葉自体は知っていると思います。

 

別名『ヤニ』とも言われます。
こちらの方が聞きなれている方も多いのではないでしょうか。

 

 

タールを簡単に説明すると、有害な黒い物質で、2000種類以上の様々な薬物が混ざり合った物です。

 

発がん性物質である為、吸い過ぎるとガンになる可能性が高くなります。

 

煙草を吸っている多くの人は、吸っていない人に比べて歯の黄ばみが目立ちます。

 

当たり前ですが、煙草を吸えば吸うだけ歯にタールが着きます。

 

自分の部屋の壁を見てみると分かると思いますが、タバコを吸っている人の部屋の壁は、何も予防していなければかなり黄ばんでいるはずです。

 

色だけならともかく、臭いもかなりきついものになります。

 

歯の黄ばみの場合は、相手への印象も悪くなりますし、口臭も強烈になります。

 

「口臭うよ!」と正直に言ってくれる人が周りにいればよいですが、誰も指摘してくれない環境であれば、陰で「あの人歯が黄ばんでて息も臭いよねー」と言われてしまうケースもありえます。

 

ではどうすれば歯の黄ばみをなくし、綺麗な白い歯に、かつ息を爽やかにすることが出来るのでしょうか。

 

具体的な解決方法をみていきましょう!

 

 


 
 

 
歯が黒い場合の解決方法